アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森
ようこそ、わが家へ

嵐の森・天然コンビ担当:ゆめこです。気になるラストで終わった第3話に続き、今回も衝撃的なラストでした。そんな「ようこそ、わが家へ」第4話の内容(ネタバレ)のまとめと、感想を書いてみたいと思います。

第3話のネタバレ&感想はこちら
相葉雅紀主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」第3話ネタバレ&感想

第4話のネタバレ:名無しさんの目的とは?

健太の父である太一の職場に務めている西沢さんが母親の介護費用を稼ぐため、本来、会社では就業規則でアルバイトは禁止なのですが、こっそりシルビアという名前でホステスをしていることが発覚しました。

健太から写真を見せられた太一は「西沢さんの力になりたい。」と、裏切られても尚、西沢さんと組み、真瀬部長の悪事を暴くことを決意します。そんな中、健太は名無しさんが倉田家に「盗聴器を仕込んでいる。」という事実を知ります。

その事実を知ったにも関わらず、堂々と名無しさんをあおることを言い出す明日香。明日香は、「倉田家の個人情報を手に入れるため、昔使っていた携帯電話を盗んでいるのでは?」と予想しますが、その予想は当たってしまいます。

七菜の携帯がどこにも無いのです。そしてその携帯は名無しさんの手の中に・・・。真瀬部長は、西沢さんを脅しますが、全部計算した上で反撃。シルビアさんである事実を突きつけられても、腹をくくった西沢さんは屈せず、頭を下げます。

そして、本来はダメなことですが、多めに見てもらえることに。結局、しっかりとは真瀬部長の悪事は暴けなかったものの、勝負には勝った太一と西沢さんは少し満足そうです。名無しさんのことで明日香に電話をする健太。

健太との電話が終わり、普通に夜道を歩いていると、階段のところで何者かに突き落とされてしまう明日香。頭から大量の出血が!一体、明日香の運命は?

「ようこそ、わが家へ」第四話の総評:星4個

「太一と共に、倉田家を守っていく。」と頼りない2人ながらも結束と決意を深めたシーンがとてもステキでした。私としては、太一に男2人で守っていこうと言われ、うっすらと笑みのようなもの(ここポイント)を浮かべる健太の絶妙な表情が太一に対して見直したという感情や、決心の現れを示しているようで、胸に響いたシーンでした(´;ω;`)ブワッ

「名無しさんに盗聴されているのでは?」と言うことに健太が気づくシーン。相葉ちゃんの絶妙な表情が自然で、でも、恐怖におびえる様が出て来て、演技が上手になったなと感じました。(なんか、上から見たいな感じでごめんなさい。)

なんだかんだで明日香に良いように振り回されている健太を見ているとなぜか相葉ちゃんと被る感じがしました。私としては、家族に明日香が彼女と勘違いされ、呆れたり、慌てたりするシーンが素っぽくて好きです。

自分の携帯が盗まれていないと安心するシーンでは、冷静さの中にもほっとした感情が見え隠れしていて、素直に「よかったね。」と思える場面でした。が、明日香に耳打ちしているシーンがちょっとドキっとしました。表情がりりしくてかっこ良い(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

全体的に相葉ちゃんの演技力があがっている感じがして、相葉担としてはうれしい限りでした。相葉ちゃんといえば、明るくて天真爛漫な雰囲気が強いですが、健太は穏やかで感情をあまり表に出さない人です。そんな健太が時々、感情をむき出しにしたりするシーンや、相葉ちゃんの微妙な表情の変化に1人で萌えています(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

第4話は怖いシーンもありましたが、西沢さんが腐らずに信念を貫き、改めて太一の元で悪事を暴いていくと決意を固める場面が見られ、明るい希望のきざしが見えた気がして、今後の展開に灯りがともった気がしました。

しかし、同時に、怪しい行動や表情をする人も増え、謎が増えたのも事実です。第5話ではそんな健太の感情が爆発するシーンや、明日香を本気で心配するシーンなど注目の場面ばかりなので、早く第5話が見たいです。

相葉雅紀主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」第5話ネタバレ&感想はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ゆめこ
ゆめこ 天然コンビ担当

天然コンビ担当・ゆめこです。少しでも多くの人に相葉ちゃんと大野くんのよさが伝わるように頑張ります。

コメント

  1. ようこそ、我が家は、いいドラマでした。いいドラマでした。いいしんでした。いつも応援テレビ応援してます嵐がんばってくださいね。❤心から応援してます。今でもがんばってくださいね。❤

この記事へコメントをお寄せください!