アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森
嵐ワクワク学校2014

嵐の森・二宮和也担当:スギコです。2014年6月28日に行われた「嵐のワクワク学校 ~友情がもっと深まるドーム合宿~」の感想をまとめました。出来る限り詳細にレポートしていますので、かなり長いですが最後まで読んでいただけると嬉しいです。

嵐ワクワク学校2014

ワクワク学校初登校&初めての生嵐

私はワクワク学校は今回が初登校!かつ、なんと初めての生嵐さんでした。席が遠かったので、双眼鏡片手に米粒嵐さんを頑張って見てきましたよ!

まずはオープニング。松潤から始まった「ヤッホー!」というかけ声のあと映像オン!それぞれ仕事していたところに、嵐学のロゴが現れ「ドーム合宿に集合せよ!」とのお達し。そこでくるくる回って白衣→ジャージに着替える、というものです。

翔ちゃんは「櫻井有吉アブナイ夜会」台本にロゴ、ジャージ+虫取り網。ニノは「ニノさん」楽屋でメイクされまくったデカいパフにロゴ、ジャージ+ギター。松潤はレコーディング中の差し入れのスイカにロゴ、ジャージ+薪を背負う。

相葉ちゃんは公園で食べてたアイスの棒に「あ」が出て、当たりか!?と思いきや、「あるよ」(笑)ジャージ+飯ごう。大野さんは「死神くん」撮影中、名刺にロゴ、ジャージ+釣りざおでした。相葉ちゃんだけプライベート・・・なぜ(_≧Д≦)ノ彡☆

今回は今までのワクワク学校とはひと味違い、ドームでの合宿がテーマとなっております。だから嵐先生も白衣ではなくジャージなんですね。

このジャージ、個人的には、よくある戦隊モノのヒーロー達が変身前に基地で着ているジャージに見えました。(伝わらなかったらすみません・・・)白衣も好きですが、ジャージも非常にかわいいです!クリアファイル買い占めましたよ(≧∇≦)

ニノ担当の私的にはいきなりボルテージMAX!

さて、合宿といえば目的。今回の目的は「日々是友情」!というわけで、みんなで友情を育むべく、生徒も一緒に隣の人と円陣を組むことに。そしてなんと、円陣のかけ声担当を今日はニノがやることに!ありがたい!!

「友達作るぞー!」「おー!」「友情深めるぞー!」「おー!」「ワクワクー!」「合宿ー!!」って感じです。声を張るにのちゃんかわいい。この時カメラは円陣の下から5人を撮ってくれていたので、おそらくみなさんモニターにくぎ付けだったと思われます(゚∀゚)

目的も共有したところで、最初の担当は、いきなり二宮先生です!最初からクライマックスですね!(個人的な感想です)

先生がジャージの上着を脱いで白衣を着て、何をやるかと言うと、羊です。セット内には羊がいるのですが、この羊たちを4人で協力して囲いの中に追い込もう!というゲームです。説明の時、にのちゃんが「ひつじさん」ってさん付けで呼んでたのがかわいかったです。ひつじさんって(*´Д`)ハァハァ

牧羊犬のお手本VTRを見たあと、グッパーで大野櫻井チームと相葉松本チームに分かれます。高みの見物二宮先生。左右に分かれてスタート位置についたんですが・・・

二「とりあえずそっちはお兄さんチームで、そっちはおじさんチーム・・・」
櫻「おじさんじゃないよ!おじさんではないよ!」
相「頑張っておじさんチーム」
櫻「俺らがおじさんだったら、2年後君たちもおじさんだからな!」

という定番のやりとりがありました(笑)正直全員おじさんだけど、みんなかわいいよ!大丈夫!と思ったのは、私だけではないはずです。3分間頑張ったんですが、残念ながら結果は失敗。飾りの花を食い荒らす羊さんを、プロがサクッと集めて囲いの中に戻してました。ほんとすごかったです。

ニノまとめ:昔から人間はこうやって生きるため、食べるためにみんなで協力してきました。協力なしでは生きられない生き物です。だけど友達は必ず協力する関係だとはかぎらりません。三人同行すれば必ず一智有り、という言葉があります。3人集まると、必ず1人先生(自分の師的な)がいるという意味です。友達と触れ合い協力する時、新しい考え方が生まれる、ということです。持って帰って欲しい言葉は「友達と協力しあえばその力は何倍にもなる」

ケニア式あいさつに会場大歓声!

続いての担当は櫻井先生。テーマは「友達の作り方」です。その一番のきっかけはあいさつ!ということで、世界各国のあいさつVTRを鑑賞後、ルーレットが登場。VTRに出てきたあいさつ4種が書いてあり、くじ引きで選ばれた2人がそれを実践することに!選ばれたのは松潤と大野さん(すでに嫌そう)。

にのちゃんの「先生ー、ケニアが見たいでーす」の一言により(笑)、お互いの手に唾をかけるというケニアのあいさつを会場中が推す中、ルーレットで決まったのは・・・なんと、ケニア!響き渡る大歓声!そして何故か先生とにのあいが握手( *´艸`)

松潤と大野さんが熱いケニア式あいさつを交わしたあとは、櫻井先生のVTR。変装して、全くの初対面の人と仲良くなれるか?という実験です。心理学的手法を駆使して、心が折れそうになりながらも無事おじさんと友達になれました。多分ですけど、にのちゃんあんまりVTR見てなかったです。

翔ちゃんまとめ:六次の隔たりという言葉があります。友達を6人介すると世界中の誰とでも繋がれるという理論です。知らない人や苦手な人は敬遠しがちですが、学べることは多いと思います。自分の友達が他の人と仲良くしているのを悔しいと思う人もいると思いますが、友達は囲うものではありません。友達の輪を広げていきましょう。持って帰って欲しい言葉は「話しかけないかぎり、つながらない」です。

みんなでお弁当タイム

お次は相葉先生。初の試み、お弁当の時間です!今回はチケットにお弁当持参と書いてあったんですね。自分で作ってきた人、結構いました。ランダムで選ばれた生徒に話を聞くコーナーがあったんですが、来日3ヶ月なのに日本語が上手いインドネシアの人がいて、

二「3ヶ月で相葉さんとしゃべれるんですよ」
相「なんだったら俺よりしゃべれてますよ」

というなんともじわじわくるやり取りがありました(*´∀`)

そして嵐さんもお弁当タイム!この日再現したのは松潤の幼少期のお弁当。入っていた手羽先を相葉さんと松潤で作ります。いつも通り、相葉さんの料理は見ていてハラハラかつ面白すぎです(笑)量の単位が秒なのは彼くらいでしょう。途中、見ていたにのちゃんから

二「これを朝からやってたんだよ?潤」
松「はい」
二「感謝だな」
松「ここまで大きく育ててくれてありがとうございました」

という謎目線のコメントが(笑)あと、肉を焼いてる間油が跳ねたみたいなんですが、

相「油跳ねるんで、こうやって・・・(フライパンのフタを盾みたいに持つ)」
松「いやそのためのじゃないよ」
二「それフタだと思ってたんだけどなー」
櫻「くだらねえ(笑)」
二「ねえちょっとこっちに油飛ぶんだけど!フタ閉めてよ!」
相「あっ閉じます?」
松「いやそれ蒸しちゃうから」
相「あーもうフタ曇っちゃった!余計なこと言うから!」

という、相葉さんの天然炸裂なやりとりが面白かったです(_≧Д≦)ノ彡☆

相葉ちゃんまとめ:お弁当は日本が誇る食文化です。人と人を結ぶ最高のコミュニケーションツールになってくれます。一緒に食べれば楽しい会話が生まれます。そこで友達の新たな一面をわかり、距離が縮まるはずです。僕が今日伝えたかったことは「お弁当から広がる友達の輪」です。

「GUTS!」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

お弁当のあとは、お昼寝タイム。ステージに円状に敷かれた布団に5人が寝ます。生徒も寝るよう言われたのですが、電気が消えたあと5人の寝顔がアップになるため、ざわざわしてしまい大野先生に怒られました(´Д`;)

しばらくして鳴り出す目覚まし・・・ん?なんだかどんどん聞き覚えのあるリズムになっていくぞ・・・「GUTS!」だ!!

というわけで、寝起き(笑)の嵐さんが「GUTS!」を披露してくれました!!私の席からはにのちゃんは反対側だったので、後ろ姿メインでしたが、サビは真ん中で踊ってくれたし感動しました・・・来てよかった!!!

友達の日の追加説明と2回目の円陣を挟んで、続いての担当は松本先生。「嵐の友情確認ゲーム」をやることに。これは、とあるメンバーの欲しいものを残り4人が当てるゲームです。失敗すると、当ててもらう側の人が発泡スチロールの海に落ちてしまい、4人はよくある白いガスの刑。

この日、欲しいものを当ててもらうのは大野さん。4択なんですが、3つは釣り道具でした(笑)もうひとつは500色色鉛筆。すげーでかいです。翔さんの肩くらいまでありました(((( ;゚д゚)))アワワワワ

散々話し合った結果、予想は色鉛筆。しかしハズレで見事に落下&ガス。正解はリールでした。色鉛筆はすでにもらったそうです。・・・そんな話の傍ら、相葉さんを発泡スチロールに落とそうとするにのちゃん。いつものじゃれあいですね!大変かわいいです。

気付いた松潤も加勢したんですが、最終的になぜか相葉さんと松潤が抱き合って落ちました。どうしてそうなった(笑)相葉さんの「意味わかんない!ほんと意味わかんない!!」という叫びは、私も同感でした(・∀・)ニヤニヤ

お悩み相談:電車で隣の人が寄りかかってきた時の対処法

ゲームのセットから席に戻り、お悩み相談室のコーナーへ。生徒から事前に募集したお悩みに5人で答えるというものです。

一つ目は「順序立てて話すのが苦手」というお悩み。嵐の頭脳派二宮櫻井が、お互いを先生と呼び合って持論を語り合っていたのがとても耳の保養でした・・・。二つ目は「電車で隣の人が寄りかかってくる」というお悩み。どうよけるか?ということで、イスを並べて各々が実践してみることに。

翔ちゃんの場合
翔ちゃんの肩に相葉さんがもたれる→翔ちゃんが「誰も知らない」サビの肩を揺らすフリを踊ってどかす(もう一回やって、その時は相葉さんも踊ってました(・∀・)ニヤニヤ

相葉さんの場合
翔ちゃんがもたれる→近くに立たせておいたにのちゃんに声をかけて、席を代わらせ自分は降りる(磁石!ありがとう!!)

大野さんの場合
にのちゃんがもたれる→大野さんも傾く→慌てて翔ちゃんが隣に座るも傾く→さらにその隣に相葉さんが入る→全員崩れ落ちる(笑)かわいすぎ。

二宮さんの場合
大野さんがもたれる→にのちゃん起こす→「私だったからよかったですけど、人によっては殺されてますよ?」すげー物騒(´Д`;)

このあとイスを戻そうとしてどれが誰のなのか大混乱し、スタッフさんに並べ直してもらうというかわいい一幕があり、三つ目は「外国の友達が来ます。日本の素晴らしさとは?」

相「そうだ、千葉に行こう。海鮮うまいよ」
二「マサキ、ワタシ、トウキョウイキタイ」
相「そしたら東京ディズニーランド行こう」

相葉さん、それ東京詐欺です(*´∀`)クスクス

でもにのちゃんも言ってましたが、世界にあるものの日本版に連れていくというのは、文化の違いがわかったりして面白そうですね。きっとたくさん驚きがあるんだろうな。ちなみににのちゃんは「秋葉原でしょうね。あんなに電気売ってるとこないんだから!」だそうです。オススメは、メイド喫茶と戦国喫茶とのことヾ( 〃∇〃)ツ

松潤のまとめ:みんなで考えると友情が深まり、前に進める気がします。人に言うと書いて、信じる。相談できるのは、信じ合っているからです。ぜひより一層友情を深めてください。今日覚えて帰って欲しい言葉は「友達のことを考え、信じることが、深い友情の架け橋」です。

もし、5人が出会っていなかったら?

最後は大野先生。テーマは「嵐の友情」。もし5人が出会っていなかったら?ということで、VTR。インタビュー→大野さんコメントですが、大阪公演とは内容が変わったようです。

翔ちゃん:将来の夢は音楽家。指揮者に憧れていた。→翔ちゃんがいなかったら、今の嵐の幅広い活動はなかった。翔ちゃんは嵐の開拓者。

松潤:プロ野球選手。漠然と思ってた。→今の嵐のコンサートの演出はなかった。松潤は嵐のアイデアマン。

相葉ちゃん:キン肉マンと、IT系のヒゲ社長。→今の嵐のミラクル要素はなかった。相葉ちゃんは嵐の太陽。

ニノ:プロ野球選手。野球やってたから。いい感じになってたと思う。→今みたいにたくさんの歌を届けられてなかった。ニノは嵐のメロディーメーカー。

1人だけ異様にVの短いニノ・・・らしいっちゃらしいですが(笑)大阪公演に登校した友達から聞いた話によると、そちらのVTRはもっと笑いに走ったものだったそうで・・・そっちが見たかった!!

今日の生徒も含めた出会いに感謝と題し、突然「歌います!」と大野さん。大野さんの背後になんとキャンプファイヤーが現れ、「フレンドシップファイアーーー!!(良発音)」のかけ声で点火。メラメラと燃える炎をバックに立つ大野さん、めっちゃサマになってました(*´ω`*)

そのあと全員でかけ合いみたいな、よくわからない歌を歌いました。なぜかハイタッチつきで。大野ワールド全開でした(・∀・)

大野さんのまとめ:友情には三段階あるそうです。第一段階目は、得する友情。第二段階目は、目的思考の友情。第三段階目は、目的などを抜きにして、ただ友達でいるだけの友情。友達になるには、僕ら嵐のように、何気ない時間を積み重ねればいいんです。ただ友達でいるだけでいい、そんな友達が1人でも多く増えることを願って、覚えて帰って欲しいことは「友達といる時間を大切に」です。

最後は、にのちゃんのギター生演奏(*´Д`)ハァハァ

授業はここまでです。嵐が入場する時に乗ってきたフレンドシップ号が、友達の日に実際に走るよ!という告知のあと、校歌ver.「ふるさと」を歌ったんですが、なんと!1番はにのちゃんのギター生演奏!!かっこよかったです・・・やっぱりギター似合います。かっこよかったです!!

フレンドシップ号で嵐さんが退場後、フレンドシップ号にペイントしたのは嵐さんでした〜というVTRが流れ、ワクワク学校は無事閉校しました。

メモを頼りに書いたので、省略してしまっている部分もあるのですが、とにかくワクワク学校の楽しさを少しでもお伝えできていれば嬉しいのですが、伝わりましたか?コンサートとはまた一味違った、とても素敵なイベントでした。来年もまたあれば、ぜひ参加したいと思います(・`д・´)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

スギコ
スギコ 二宮和也担当

ニノファン目線の記事を担当させていただきます!

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事へコメントをお寄せください!