アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森

嵐の森・天然コンビ担当:ゆめこです。以前、生田斗真くんが『嵐にしやがれ』に出演した際に「大ちゃんはJr.時代、伝説のJr.だった。」と語っていました。無性に気になったので(笑)、今回は大野くん伝説エピソードをまとめてみました。Jr.時代に「伝説」と呼ばれた由来とは?必見です。

Jr.時代から大野くんはスゴかった!伝説的なエピソードまとめ

●振り付けの先生に「帰れ!」と言われ、本当に帰ろうとした(笑)
ジャニーズの振り付け師は、噂ではすごく厳しいと聞きます。どうやら本当みたいで、みんなが真面目にダンスの練習をしている中、ただ見ていただけの大野くんをロックオンした先生は、「やる気がないなら帰りなさい!」と大野くんを叱ったんだそうです。すると、大野くんは本当に帰ろう(辞めよう)としたらしいです(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

Jr.時代からかなり大物だったんですね。・・・これはこれで大野くんらしいか(オイ!)

●はなほじおじさん
どうやら大野くんはJr.時代にことあるごとに「鼻をほじっていた」ようです。なんと、ニノと初対面した時も鼻をほじっていたらしく、ニノは大野くんの初対面の印象を「はなほじおじさん」と語っています( *´艸`)クスッ♪

椅子に座り、ただただ鼻ほじりながらニノを見つめるという・・・。それがニノとの最初の出会いですよ?どう思います?みなさん(困惑)

他にもジュニア時代に、観客をまじまじと見ながら堂々と鼻をほじっていたというエピソードもあります。アイドルとして果たして良いのだろうか・・・?ま、まぁそういう「ユルさ」が大野くんの魅力のひとつでもありますが・・・(苦し紛れ)

●「王子」と呼ばれ、袋20個分のもプレゼントが運ばれてくる
大野くん以外でのちに嵐のメンバーになる4人は東京で活動していました。なので、嵐として活動することになった時でもある程度知名度があり、人気のメンバーも多かったです。でも、大野くんだけ知名度が他のメンバーと比べるとかなり無い感じでした(´Д`;)

その理由は、実は16歳から18歳まで1日6日公演もある『KYO TO KYO』という舞台をこなしていたからです。ジャニーズイチで一番フライングをしているのは大野くんでは?と言われるほど数をこなしていました。ジャニーさんは何を思ってそうしたかはわかりませんが、この舞台の効果で、東京では人気はありませんでした。

ですが、関西では人気があったらしいです!ファンから袋20個分のもプレゼントが運ばれてくることもあったようです。さすがです!すでに「王子」というあだ名までついていたらしいです。

大野くんのジュニア時代は「つちのこレベルの伝説」

このように、大野くんは「Jr.の頃から周りに一目おかれる存在」だったそうです(いろんな意味で)。大野くんは人一倍きもが座っているのが伝説たるゆえんで、翔くんも「つちのこレベルの伝説の男だった」と言うほどです。

その一方で、デビュー当時は他の4人とかなりの人気の差があったため、ファンレターに熱心に返事を出したり、ファンサービスを必死にやったりなど、大野くんなりの努力が身になり今の大野くんがあるようですね(´;ω;`)ブワッ

聞いた話によると、子供の頃からかなりやんちゃで親泣かせだったらしいですし、どうやら子供のころから大物だったようですね。大人になってさすがに丸くはなったと思いますが、これからも大野くんが大物ぶりを楽しみにしています。でも、アイドルなので、さすがに鼻ほじは控えたほうがいいと思います(笑)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ゆめこ
ゆめこ 天然コンビ担当

天然コンビ担当・ゆめこです。少しでも多くの人に相葉ちゃんと大野くんのよさが伝わるように頑張ります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事へコメントをお寄せください!