アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森

嵐の森・二宮和也担当:スギコです。今回は、ニノのソロ曲について、ニノ担当の私が思っていることをちょっと書いてみようかと思います。

嵐で作詞・作曲もできるメンバーはニノだけ

嵐の中で1番歌が上手いのは大野さんだというのは、嵐ファンならほぼ共通認識だと思います。ですが、音楽における表現力の高さは、ニノが1番だと私は思ってます。その理由は、歌唱力というよりも、世界観の作り方がとても上手いというところにあります。

ニノのソロ曲は、CD化されているものは7曲あります。「秘密」以外の6曲はニノが作詞か作曲、もしくは両方手がけてます。「秘密」も、作詞作曲こそしてませんが、CDのピアノは他の曲同様ニノ本人が弾いてます。嵐内で作詞作曲をするのは、現状ニノだけです+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+.ゴイスー!

翔ちゃんもラップ詩は書きますし、ニノと共同で作詞することはありますが、作曲はしません。ひとつの曲を作詞作曲編曲までして、自分で楽器も弾けるというのは、世界観の土台を自分ですべて作れるということです。

しかもニノのソロは、曲によって世界観がガラッと変わります。例えば「虹」で彼女との思い出を優しくなぞったかと思えば、「20825日目の曲」ではお母さんへの愛と感謝の気持ちをやや茶化しながら歌い上げています(*´ω`*)

また彼女の死、という同じテーマでも、「痕跡」では淡々と悲しむのに対し、「それはやっぱり君でした」では少し引きずりつつも前向きに生きている様子が描かれています。とにかく引き出しが多いのです。

シンガーソングライターだと、結構似たような曲を作っている人もいる中で、これだけばらけさせられるのはとてもすごいことだと思います。まあ、何十曲も書くシンガーソングライターと、未CD化を含めても十数曲しか発表してないニノを比べるのは、失礼かもしれませんが・・・(´Д`;)

作り上げた世界観ごとに歌声も変化させている

そしてニノは、世界観を作り上げるだけではありません。それを歌声で見事に表現できちゃうんです。「秘密」を明るくかわいく仕上げたかと思えば、「Gimmick Game」はねっとりとした、妖艶な感じにまとまっています。ここが、ニノのソロ曲を聴く上で1番の魅力だと私は思っています(・∀・)イイ!!

ただその代わり、嵐5人で歌うと、曲によっては若干浮いちゃってるのが玉にキズかもしれません。なのでいつか、未CD化曲中心でもいいのでソロアルバム出してくれないかな・・・なんて思ってみたり(*´ω`*)

歌唱力自体に関しては、本人いわく「(トレーニングを)やれば伸びると言われ続けて来た」ということですし、絶対まだまだうまくなると思うのですが、本人にそのやる気はなさそうですね(笑)ちょっともったいない気もしますが、まあ、そんな肩の力の抜けたところもニノの魅力のひとつです(≧∇≦)

ほんの数日前、新しいアルバム「THE DIGITALIAN」が発表されましたが、5人のソロ曲は今回も収録されているようです。ニノのソロ曲をニノが手がけたかどうかまではまだわかりませんが、ぜひそうであることを信じて10月を待ちたいと思います!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

スギコ
スギコ 二宮和也担当

ニノファン目線の記事を担当させていただきます!

コメント

  1. 二宮さんの作詞作曲は素晴らしいし、表現力もあり世界観を作り上げるのがとても上手いですよね。抑揚の付け方も上手いので、私は「虹」や「かこ」が好きです。
    でも大野さんと比較するのはどうかな?と思います。大野さんは、若いときから、洋楽を聴いているので音感、リズム感、テクニック、どれをとっても素晴らしいと思います。抑揚は控えていますが、それこそ少しトレーニングすられば、数日間でバラード曲もかなりクオリティーの高いものに仕上げるテクニックが有ります。ご本人のソロは、ダンスナンバーになってしまいますが。
    一方、二宮さんは、アップテンポの局が苦手かな?得意、不得意が、凄くあります。ユニゾンでは、良さを活かせた曲と、音程が取れていない時との差が激しいので不思議ですね。あとビブラートはかかっていますが、声に重みがないので嵐の軸にならのは難しいと思います。ソロ曲は、凄く良さを活かせた曲作りになっていて素敵ですね。

  2. まりらさんの気持ちよく分かります。私もそうに思います。まりらさんはじめましてきよりんです。これからもよろしくです。

この記事へコメントをお寄せください!