アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森

嵐の森・二宮和也担当:スギコです。先日にのちゃん出演の映画について感想をまとめたので(二宮和也出演映画の私的見どころをまとめてみました。)、今回はドラマについてまとめてみました(視聴済み作品のみ)。ドラマによっては批判が入るので、苦手な方はご注意ください(´・ω・`)

ファンの贔屓目を抜きにしても面白いドラマばかりな前半戦

●二十六夜参り(1998年8月、TBS) – 沖田明雅伍長 役(回想シーン)
ジュニア時代のものですね。BSあたりの再放送で観ました。回想シーンのみの出演で、そこしか観てないのでストーリーとかはまったくわかりません!ごめんなさい!確か戦争に行く前の一週間、上司達とともにとある宿に泊まってそこの女将さんや娘さんと交流する役どころでした。真っ裸でお風呂に飛び込むシーンがかわいかったです。良い尻であった(・∀・)

●山田太郎ものがたり(2007年7月、TBS) – 山田太郎 役
すごい飛びました。これは放送当時、嵐さんというグループは知らずに、普通にただのドラマとして観てました。今考えるとにのちゃん翔ちゃんのダブル主演なんておいしすぎる!!きっと番宣も雑誌も2人でいろいろ出てたんだろうな・・・見たかったな・・・タイムスリップできるならこの頃に戻りたいです(´;ω;`)ブワッ

あとぶっちゃけ昔はジャニーズ嫌いだったんですが、ミュージックステーションでHappinessを歌っているのをたまたま観て、サビの振り付けのかわいさにびっくりした覚えがあります。うっかりCDレンタルまでしました。なんでこの時にそのままハマらなかったのか、大変悔やまれます。

太郎くんはめっちゃかわいいです。かわいいですが、個人的には影のある役柄の方が好きなので、真っ直ぐないい子すぎてちょっと眩しいです(笑)でもにのちゃんファンになってからもう一回観たら、印象変わるのかな?

●魔王 第1話(2008年7月、TBS) – 熊田正義 役(友情出演)
大野さん主演ドラマの1話のみ友情出演ですね。再放送で観たら、かの有名なセリフ「舐めてっと殺すぞ」が華麗にカットされていて泣きました。なのでDVD借りてくる羽目に。数分の出番ですけどめっちゃかわいいですよね熊田・・・。漂う雑魚チンピラ臭。

ドラマでは脇役もいいところですが、韓国の原作では最終的に熊田が成瀬を殺すと聞いて衝撃です。むしろそっちが観たい。殺人犯にのちゃん、カモン。

●流星の絆(2008年10月、TBS) – 有明功一 役
みんな大好きおにいですよ!!コンドームが言えなくて避妊具とか言っちゃう友達のいないおにいですよ!!!かわいそ村の村長かわいすぎる。つらい。冷えピタ姿はもうかわいすぎてどうにかなりそうです、と思いましたがもう割とどうにかなってる気がします。

これもやまたろと同じく家族が観てたので、つられて結構観てました。9話のあとの生放送番宣も観ました。でも最終回は、まだ観てないのに録画消されたんで観損ねました。事前に頼まれて犯人を確認したので、犯人自体は知ってるのですが・・・。DVD-BOXは買ったので、いつか頭からちゃんと観たいです。

●新春スペシャルドラマ「最後の約束」(2010年1月、フジテレビ) – 山際修司 役
嵐さん5人で主演したやつですね〜。これは表参道駅に貼られたポスターが当時話題になりました。口にガムテープでぐるぐる巻きですよ!私の性癖にハマりすぎてどうしようかと思いました。大興奮です。

当時高校生だったのですが、大晦日にまだひとりで乗ったことのない電車に思いつきで乗って、わざわざ見に行きました。往復5000円以上かかったのに、夕方に行ったので、東京の滞在時間30分(笑)勢いってすごい。

ドラマ本編も面白かったですね。突然犯人グループに逆らってセキュリティを操作して、どこどこゲート開きます!って叫んだ瞬間がかっこよすぎました。あとDVDはコレクションしちゃってあんまり観ないんですが、これのDVDは本編も観たしメイキングも観ました。脱走シーンの練習してるところが5人もちゃもちゃしててかわいすぎた。

●フリーター、家を買う。(2010年10月)/ フリーター、家を買う。スペシャル(2011年10月、フジテレビ) – 武誠治 役
そんなわけで、にのちゃんファンになってから初の連ドラはフリーターでした。最初の人生舐めきった誠治くんもいいし、改心してお母さんに優しくハンドクリームを塗ってあげる誠治くんもかわいくてよかったです。特に悶えたりするシーンはなかったのですが、あったかくて良いドラマでした。

超個人的な余談ですが、ドラマ放送開始の少し前に原付バイクを買ったんですが、2種類で悩んだ末選ばなかった方に誠治くんがドラマで乗っててちょっと悔しかったです。あとこの時映画ドラマラッシュで、3ヵ月連続でシングルが出たのでお財布に痛かった。

あんまり好きになれなかった最新ドラマ2作

●24時間テレビ「車イスで僕は空を飛ぶ」(2012年8月、日本テレビ) – 長谷部泰之 役
お涙頂戴系が元々嫌いなのと、心理学をちょっとかじっていたこともあってカウンセリング系のシーンにもやもやが残ったのと、あと単にストーリーがつまらなかったんであんまり好きなドラマではないです。すみません。

でも泰之ビジュアルはたいへんよかったです。金髪かわいい。この時期の雑誌グラビアはもう美しくてかわいくて、本屋で悶えつつ買い漁りました。黒髪二宮さんが一番好きなのですが、茶髪にするくらいならこれくらい吹っ切った方がかわいいな!!と思いました。

あと入院してる時介護シーンがありましたが、身体洗われるのはもちろん、おむつに大興奮してしまいました。にのちゃんがおむつを当てられてるだなんて!!!ほんとごめんなさい反省はしてません(((( ;゚д゚)))

●弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(2014年4月、日本テレビ) – 田茂青志 役
先に書いちゃいますが、これも驚くほどつまらないドラマでした。あ、田茂先生はいい捻くれキャラだったしかわいいし、部員のみんなもかわいかったですよ。私は亀沢くん推しです。あと樫山くん。でも脚本が・・・どこを改善すればよかったのかわからないくらいにつまらなかった・・・。すごいもったいないなあと思いました。

一番嫌いだったのは、毎週必ず入る田茂先生の有難いお話シーンでしたね。設定上も高校教師でしたし、本当に教師から説教食らってる気分でした。あの長ゼリフはせめて半分に抑えて、もっと行動などで示すべきだったのでは?と思います。同クールの死神くんはびっくりするほど面白かっただけに、非常に残念でした。

ところで初の教師役!という扱いでしたが、やっぱりにのちゃんの童顔じゃ教師役はちょっとちんちくりんだなーという印象でした(笑)あれはあれでかわいいですけど。田茂先生の魅力は、パジャマで寝てて、しかも寝る前に枕元に次の日の着替えを畳んで置いておくのに、朝起きて着替えたらパジャマはその辺に脱ぎ散らかすところです。

なんか全体的にふわっとした感想ですみません。あと車イスとよわかてが大好きな方、ほんとごめんなさい。にのちゃんの演技の仕事にはどうしても高クオリティを求めてしまうので・・・。

次のドラマは年明けのオリエント急行ですね!屈折した役どころらしいので楽しみです。最初発表があった時に、「被害者の秘書役」という表現を見てついににのちゃんが被害者に!!と喜んでしまったのは私だけではないと信じたい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

スギコ
スギコ 二宮和也担当

ニノファン目線の記事を担当させていただきます!

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事へコメントをお寄せください!