アラシックが集まるファンブログ - 嵐の森

嵐の森・二宮和也担当:スギコです。連日のハワイ特集の中、みなさんいかがお過ごしでしょうか。その中でも今日は2014年11月7日、NHKで放送「嵐 LIVE & DOCUMENT ~15年目の告白~」について感想など書いてみました。考察は苦手なので、あまり深くないさらっとした内容ですが、どうぞ〜。

松潤パート:ライブ演出の裏側。ヘリでの入退場の真相

随所に挟まれた打ち上げパート、スタッフがいないっていいですね!自動で動く無人カメラ・・・科学の力ってすげー。私はハワイ現地どころか、抽選に外れてライブビューイングにも行けなかったので、テレビで観るライブ映像全てが貴重です。ちらちら映るお客さんの開放感っぷりが心底羨ましい・・・!!

最初に流れたのは「A・RA・SHI」「ハダシの未来」でしたが、A・RA・SHIを歌って踊っているところを観ると、いまだに紅白初出場のステージを思い出します。冒頭のサクラップのあと、脳内で自動的に松潤の「We are arashi!!!」が再生されます。あれは興奮したなあ。

まずは松潤パート。ライブ演出の裏側に迫ります。ジャンプアップのリハめっちゃかわいかったんですけど、相葉さんのジャンプ力おかしくない?足の裏にバネでも入ってるの??これいっつも疑問です(; ・`д・´)

ヘリでの入退場は、単にハワイで野外でってことに浮かれてだと思ってたんですが、「ハワイライブは旅の途中で立ち寄った場所だから」という表現にものすごく納得しました。お祭り騒ぎのためにちょっと降り立った感じなのかなー、と。

ライブ演出を松潤が担ってることについて、翔ちゃんが自分たちでやるのは「(クオリティーを保つのが)できないというのが本音」って言ってたけど、クオリティー下がってもいいからちょっとは見てみたい!と思ったのは私だけでしょうか。にのあいコンビのたたき台は華麗に却下されたようですが。

この時の翔ちゃんのパシパシパシパシってジェスチャー(たたき台だけに)がとんでもなくかわいかったです。ちなみに雑誌インタビューによると、この時の地味な一曲目は「素晴らしき世界」だったそう。まあ・・・地味ですよね・・・(・ω・)

あとちょこちょこ登場する日記を見せまいとする大野さんと、見せろよ〜って集る風っ子3人がかわいかったです!隣にいるのに眺めてるだけの櫻井さんがお父さんみたいでよかったです!それから雨の中でのリハで、ひとりだけ黒いゴミ袋かぶって踊ってるにのちゃんがかわいくて愛しいです。途中で相葉さんも着てたけど。

相葉パート:肺気胸の告白

「マイガール」を挟んで相葉パート。やっぱりジャンプ力おかしくない??(2回目)肺気胸は、数年前のはリアルタイムで知ってましたが、2002年の方は断片的な情報でしか知らなかったので、今回の告白は重く感じました。

どこかで読んだインタビューで、ハワイには忘れ物があるみたいなことを言ってたのですが、その言葉の意味がようやくわかりました。4人が歌って踊ってるのをステージ袖で見てるだけなんて辛すぎる・・・。そりゃ挨拶で泣きますよね。普段だって泣くのにね。

櫻井パート:嵐の未来について

続いては櫻井パート。いきなり上半身裸。翔さん若干ズボンにお肉が乗っ、・・・気のせいですよね!前髪をサングラスで上げてるのかっこいいっすね!!

嵐の影のリーダーは櫻井翔だというのは大野さんの口からよく出る言葉ですが、リーダーが大野智であるからこその櫻井翔だと思うんですよね。船で言う船長と操舵長みたいな。舵取りは確かにしてないかもしれないけど、リーダーは大野さんじゃなきゃだめだと思います。

アロハTシャツのくだりはなんか一種のスピーチみたいでした。櫻井翔だなあ〜。どうでもいいけど肌黒いな!!

嵐としての未来に不安を感じてた、ずっと話し合ってたっていうのは時々聞いていた話ではありましたが、25歳までっていう具体的な年数を出されるとちょっとドキッとしましたね。無事ブレイクしてよかった!本当によかった!!

ここで「Love so sweet」「Happiness」「Believe」。ラブソーってどこの局でいつ歌ってもサビのアイドルピースで松潤アップになっちゃって、にのちゃん翔ちゃんが見れないのが大変悲しいのですが、今回は大野さんアップ!びっくりしました。

二宮パート:にのちゃんのプロ意識の高さに脱帽

お次は二宮パート。1日目、にのちゃんの様子がおかしい。腰?熱中症?と当時ネットでざわざわしててすごく心配だったのですが、やはり腰でした。肉離れって経験したことないけどものすごく痛いんじゃあ・・・。

腰に負担のかかるジャンプアップから静かなスライドアップに変更するにあたり、松潤の申し出を一旦断る→大野さんの「スライドにしようよ」という強めの提案に「いい?」と甘えるにのちゃん。この一連の流れにグッときました。やはり嵐のリーダーは大野さん、あなたです。ここで強めに言えるのは大野さんだけだと思いました。そしてにのちゃんがそういう面で甘えられるのは大野さんだと。一瞬の出来事ですがすごく良いシーンでした。

このあと実際に出る時、松潤が「堂々と立ってて」と声をかけていたのも良い。あとちょっとずれますけどタイミングの指示を隣のスタッフに出すにのちゃんが超イケメンでした。私もにのちゃんにあんな風に指示出されたい。

にのちゃんの「時間にお金を払ってもらってる」っていう持論は時折耳にしますね。コンサートなり映画なり、舞台なり。でもちょっと風邪気味とかならともかく、そこまで酷いなら休んでもいいんじゃ・・・と思ってしまうのは、私が素人だからですね。はい。

顔を歪めたのはスポットライトが消えた数秒間だけだった、というところに、にのちゃんのプロ意識の高さを改めて感じました。こんなん惚れるわ。

そしてこの意識の根底が大野さんの(本人は覚えてない)「今目の前にあることを頑張れない奴が何を頑張れんだ」という言葉にあるとか、もうね・・・嵐のリーダーはやっぱり大野さんですよ(2回目)。間違いない。翔ちゃん松潤が下剋上を企ててたってのは、らしいなってちょっと笑いました。

あと「GUTS!」前の煽りかわいすぎてしぬかと思った。前奏のぱかぱーんってやつ口で言ってるとかかわいすぎる。かわいいしか言えないこの頭が憎い。2日目は元気に出来たみたいで何よりです。嵐のライブはまあよく雨降りますけど、名前が名前だし仕方ないかなーみたいな(笑)もはや持ちギャグ。

大野パート:メンバーも初耳の衝撃の初告白

最後は大野パート。最初のころやる気がなかったのは有名ですが、そのあと大野さんが事務所を辞めたいという葛藤に苛まれていたことはメンバーも言ってましたが初耳だったので、すごくびっくりしました。しかも落ち着いたのが10周年の時って最近すぎる・・・。さらっと怖いこと言いますね大野さん。いや怖いこわい。

相葉さんの「ひとり抜けたらやってけないし、やりたくない」。これはメンバーの総意であり、ファンの1番の願いです。この時流れた大野さんの涙混じりの挨拶で、私もあやうく泣くところでした。

最後は「感謝カンゲキ雨嵐」。ファンになってしばらくしてから聞くと、この曲の良さがすごくわかりますよね。初めて聞いた時は正直あんまりピンと来なかったですもん。へー、みたいな。

まとめで相葉さんが「ゆっくりでも遠回りしても、止まらないように5人で歩いて行けたらうれしい」って言った時に松潤が「戻ってもいいしね」と返してて、そのやりとりにじーんとしました。その5人の歩みをこれからも是非見せてください。これからもよろしくお願いします(勝手に)

嵐が好きだー!!と再確認した夜でした。NHKさん素敵な番組を本当にありがとうございました。そして嵐さんお疲れ様でした!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

スギコ
スギコ 二宮和也担当

ニノファン目線の記事を担当させていただきます!

コメント

  1. 辞めたい辞めたいばかりで、本当にこの人はリーダーの資質も皆無な男ですね。懸命に頑張ってきたメンバーやスタッフ、そして必死に応援してきたファンを侮辱し、裏切りました。例のスキャンダルも事実なのでしょうね。辞めたい理由が我侭で身勝手過ぎて呆れます。
    今までは5人で嵐を信じてきましたが、もう許せません。
    ソロの尺の長さも演出担当の潤君のせいにしてきた大野ファン。自分本位なやりたくない発言はドン引きです。プロとしてどうなのでしょうか?全体の流れとかメンバーの移動や着替え、休息等を考慮することが出来ないリーダーって(笑)今まで執拗に罵倒を浴びせてきたので、真実が明るみになった今こそファンと潤くんに謝って欲しいです。

    • スギコ(二宮和也担当)

      コメントありがとうございます!辞めたい理由については、まああれだけ自由のない生活をしてたら息も詰まりそうですよね。思い直してくれてよかったです。ソロ尺騒動は私はまったく知らなかったのですが、今回本人の口から説明と謝罪の言葉が出たので、どちらのファンも分かり合えるといいですよね!大野さんファンが松潤を良く思わなかったのは、別に大野さんが指示したことじゃないので、もし謝るならファン同士だと思いますよ〜。

  2. はじめまして、スギコさんがとても大人の対応される方で感心しました。

    嵐はファンが増えて、一緒にファンだと名乗りたくない人も多く、オンリー同士の揉め事、ヲタなりのアンチ活動、有名になる事はいい事も悪い事も・・・・。
    メンバー同様、ファン同士仲良く応援したいものです。

    yonkoさんは多分嵐のファン成りすましの方だと思います。
    名前だけ変え、同じ内容のコメントをあちらこちらのブログに投稿されています。

    LOVEツアーは、リーダーのソロで他メンバーの移動時間は必要無いセトリでした。(潤君がその後変更した可能性もありますが)
    リーダーはソロ後、引っ込むことなく汗を流しながら、次の歌をそのまま歌う展開になってます。
    あの場面で少しの休憩、衣装替えの時間が必要だったのはリーダー本人です。
    リーダーソロの前は翔君。つじつまがあいません。

    新しいツアーが始まりました、参加は出来ませんが評判が良いので、DVDの発売が楽しみです。

    • スギコ(二宮和也担当)

      初めまして、コメントありがとうございます!気付くのが遅くなってすみません。
      確かに、同じ嵐ファンでもちょっと眉をひそめたくなるような方々はいますね・・・。でもそれだけ嵐ファンの層が厚くなって、人口が増えたということなので、まあ仕方がないのかな?と思います。
      同じ人を応援してるんですから、仲良くしたいですよね。
      尺騒動はLOVEツアーだったんですね!やはり演出の裏方はファンにはわかりませんから、つい見えたものにだけ感想を言ってしまうけれど、きっといろいろあったんでしょうね。
      私もデジタリアンツアー落選組で、そちらも何だかやや不穏な空気もありますが、無事に終わることを祈っています。

この記事へコメントをお寄せください!